ほんもんぶつりゅうしゅう

2016-04-18 06:06

門祖会 法類巡教を奉修

4月10日午前10時30分より門祖会が法類巡教として奉修されました。乗泉寺門末の寺院交流の一環でもあります。今回は、館山廣全寺御高職の柏 日胤導師をお迎えして晴天のもとつつがなく執行されました。奉修導師よりの御法門は「法華経にたすけられしとねがはくは 人にもつげよ妙の利益を」の御教歌で、御利益をいただいたならそれを人に語らってご弘通の思いをもって、ご信心させていただきましょうと督励を頂戴しました。また、随伴の野田易行寺御住職・竹俣堅相師からは、わかりやすく丁寧に法類巡教とは何かをご披露くだされました。出座の御教務として王子常住寺御住職・高野清純師と、それぞれのお寺から40名程の参詣を頂きました。寺内も奉修会議を経て、新旧の交代を試みながら参詣将引、ご奉公に励ませていただきました。次の開導会に向かって、昨日17日反省会として奉修会議が開かれました。