ほんもんぶつりゅうしゅう

2022-11-14 18:04

2022年 台湾出張ご奉公7日目

【台湾出張ご奉公7日目】
11月14日(月)ご奉公者一行は台中に移動しまして、台中の宝覚寺にて台北・台中地区の日本人慰霊祭を勤められました。
台湾で亡くなられた物故者を弔うために、本門佛立宗として50年携わってきている慰霊祭です。
今年は現地では3年ぶりの慰霊祭となりましたが、日本人会や台湾協会のみなさまのご協力を頂き、無事に勤まりました。
また、佛立宗が昭和45年に台湾で慰霊法要をできるか調査をして、すぐに手配くださった宝覚寺の先代の林錦東住職、このコロナ禍の間に林錦東住職の銅像が建てられており、私たちを迎えてくれているようでした。
――――――――――――
11月14日週一日本的法師們去台中的寶覺禪寺參加了台北、台中地區的日本人會與台灣協會舉行的「日本人慰靈祭」,松本導師進行了迴向的法會。
為了迴向在台灣去世的日本人本門佛立宗從1970年開始參與這樣的盛事。
雖然因為有疫情的關係,三年沒來參加,但是當地的日本人會及台灣協會等幫助了我們,法會方面也圓滿結束啦。
1970年(昭和45年)本門佛立宗來台灣調查了能否在台灣舉行迴向法會,然後當時的寶覺寺住持「林錦東法師」合作安排,那年就實現了佛立宗參與的日本人慰靈法會。
這次日本的法師們到了寶覺寺就看到了林錦東法師和他太太的銅像(據說是兩年前做的銅像),就像他們歡迎我們的感覺。