2019年11月01日

教養大会を盛大無事に開催! 助行や親睦会・講習…あっという間の2日間

第7支庁東北北部布教区教養大会が、去る9月14日、15日、応護寺秋田別院並びに、ホテルルートイングランティア秋田にて無事開催されました。
 14日、柴﨑日布支庁長導師のもとお看経をいただき、続いての体験談では応護寺秋田別院所属藤田美喜子姉が、昨年度まで所属であった、熊本長薫寺時代にいただいたご利益を発表、随喜させていただきました。
 ご披露後、4班に分かれ、市内のご信者宅のお助行では、今大会のメインテーマである「これからの寺院のご奉公の改良、改革について」という題で各寺院から今の時代の社会的背景等をふまえながら、忌憚のない意見が発表されました。
 夕方、市内イベントの為、渋滞が予想されましたが無事、全員ホテルに移動、6時半からの親睦会では盛岡広宣寺女性の会有志5人を中心に、各寺対抗ゲームで一気に盛り上り、爆笑の連続で楽しい一時を過しました。
 15日、午前九時よりお看経、一口法話をいただき、10時より、お念珠のつなぎ方、御衣のたたみ方の講習と続き、記念撮影、昼食をいただき、2日間の一連の日程を有意義に楽しく、ご奉公させていただきました。
 なお、本大会に東北南部布教区の福島県いわき市妙運寺より7名の特別参加があり、大会に花を添えました。
 教養大会は北部布教区6ヵ寺、持ち回りで開催しております。明年度は青森青松寺開催ですので更に盛り上げましょう。
 あっという間の2日間でしたが、大会が成功裡に終えた事は、支庁長・柴﨑御導師のご尽力、更には広宣寺女性の会のアドバイス、応護寺教講の陰からの応援ご奉公の賜であると随喜させていただく次第です。
 両日の参加者は広宣寺12名、青松寺8名、慈念寺8名、安穏寺6名、能持寺2名、妙運寺7名、応護寺34名、総計7ヵ寺77名でした。
 多数の参加ありがとうございます。    (布教区教養部・藤岡日惣記)