2019年05月01日

佛立青年教務会の活動を報告します 4月より新会長としてご挨拶をさせていただきます 外してはならない大切な事を愚直に実践します。 第28期会長 吉村現博

ありがとうございます。
 このたび第28期佛立青年教務会会長のご奉公をさせていただくことになりました、第2支庁北大阪布教区・義天寺所属の吉村現博でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。
 さて、前期は「つなぐ。青教」とテーマを掲げ、青教全国助行の実施・青教決起大会の開催・広報誌「BLUE TEACHER」の発刊・西日本豪雨災害支援ご奉公など、各種ご奉公を展開させていただきました。その際には、全国教講の皆さまから多大なるご支援とご協力を賜り、そのお蔭で無事にご奉公させていただくことができましたこと、厚く御礼申し上げます。誠に有難うございました。
 私はこれまで青年教務会で10数年ご奉公させていただき、沢山のかけがえのないものを頂戴いたしました。青教全国助行においては、全国各地でご信心に励まれるご信者のお姿を拝見し、各寺院のご住職から親身にご教導を賜り、各地でご奉公に励む青教会員と親睦を深めさせていただきました。
ブラジルや樺太にも行かせていただき、異国の地で上行所伝の御題目を初めて弘められた先人達のご苦労や、外国ならではのご弘通のスタイルなどを学ばせていただきました。そういったご奉公のなかでお伺いしたお話や、教えていただいたこと、拝見させていただいたものなど、すべてが現在の私自身の一部となっております。本当に有難い限りでございます。
 今期青教では、こういった青教のご奉公に一人でも多くの会員が参加し、互いに刺激し合い、全国教講の皆さまから学ばせていただく事によって、資質向上・教務力の向上を図りたいと考えております。
そして真摯に御宝前にお仕えし、ご信者と向き合い、御題目口唱を大切にさせていただく。遠回りなようであっても、そういった基本的な事、しかし絶対に外してはいけない大切な事を、青教で愚直に実践して学ばせていただく事こそが、必ず「ご弘通のお役に立てる青教」に繋がっていくと信じて、今期ご奉公に邁進させていただく所存でございます。
 つきましては、今後とも佛立青年教務会の活動にご理解をいただき、ご支援・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 合掌