第9支庁中国布教区 第6回青少年の一座!

 青年会、薫化会にとっては今年最大のイベント、中国布教区 第6回青少年の一座が9月15、16日、島根青少年の家「サン・レイク」を会場に開催されました。
 昨年より何度も会議を重ね、中国布教区10ヶ寺の青年会・薫化会を中心に、”ありがとうございます with you”をテーマに、御法のお役に立つ為のお給仕の体験、レクリエーション等を通じ、未来に向けて交流を持つ貴重な機会です。
 妙現寺からも宿泊、日帰りを交え、合計33名のご参加を頂きました。片道4時間近くかかる道のり。皆様お疲れだったと思いますが、無事に終了する事が出来ましたことを感謝いたします。
 1日目は12時頃の到着。早速サン・レイクのロビーがごった返しています。慌ただしく受付を済ませ、支庁長 山内御導師ご奉修の開講式が始まります。その後体育館に会場を移し、1日目のメインイベント「ご教歌カルタ大会」。何度もカルタを取る子供達、全く取れない大人達・・・賑やかなカルタ大会がアッという間に終了です。その後16時から夕べの一座、夕看経です。今回、導師役、お看経役、おしぼり、お裾払い、法鼓係と、青年会・薫化会で手分けをし、普段なかなか出来ないお給仕をさせて頂きます。妙現寺からも法鼓係に加え、なんと導師役に薫化会から1名!。急遽予定も追加されたのですが、しっかり練習もしてきましたし、本当に素晴らしい言上だったと思います。おリンの音も心に響きました。
言上の様子はこちら↓↓↓からご覧頂けます。
そしてお待ちかね、夜の花火大会です。一体いくらあるんだと言わんばかりの大量の花火。心行くまで、いやむしろ飽きるまで、今年最後と思われる花火大会をさせて頂きました。
 2日目は6時起床。実は今回は1日目、2日目と雨模様の天気予報だったのですが、全くそんな気配もなく。。。宍道湖を照らす朝日が本当に幻想的でした。今日はお昼で解散となりますが、最後の活動を精一杯楽しみましょう!。活動内容はサバニ(10人乗りカヌー)、ぐるぐるホットケーキ、七宝焼き、カプラ(木製ブロック)に分かれます。妙現寺からはサバニとホットケーキの2班に。サバニは1時間パドルを漕ぎっぱなしでとても写真を撮る余裕なし。みんな汗だくで何とか岸までたどり着きました。ホットケーキは熱そうだけど、美味しそうですね~。お昼前には終了しましたので、最後のお看経、布教区長 伊田御導師ご奉修の閉講式にて全てのプログラムが終了致しました。
 3年前に第5回青少年の一座を地元岡山にて開催された時とは、全く違う雰囲気の一座でした。中国布教区はエリアが広く、どこで集まるにしても必ず遠距離の寺院が出てきます。しかし、皆様そこを乗り越え一堂に会し、その余韻を保ちつつ、また日常の信行に励まれていくのだと思います。開催準備は大変ですが、また近いうちにこういった機会を持つことが出来る事を願い、皆様とのお別れとなりました。
 ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。
薫化会 岡田

妙現寺管理者 [その他] 2018-09-21 20:50:00

カレンダー
«2019年5月»
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー
アーカイブ
2019年
2018年
2017年
2016年
  • 2016年12月 (0)
  • 2016年11月 (0)
  • 2016年10月 (0)
  • 2016年09月 (0)
  • 2016年08月 (0)
  • 2016年07月 (0)
  • 2016年06月 (0)
  • 2016年05月 (0)
  • 2016年04月 (0)
  • 2016年03月 (0)
  • 2016年02月 (0)
  • 2016年01月 (0)
2015年
  • 2015年12月 (0)
  • 2015年11月 (0)
  • 2015年10月 (0)
  • 2015年09月 (0)
  • 2015年08月 (0)
  • 2015年07月 (0)
  • 2015年06月 (0)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (0)
  • 2015年03月 (0)
  • 2015年02月 (0)
  • 2015年01月 (0)
2014年
  • 2014年12月 (0)
  • 2014年11月 (0)
  • 2014年10月 (0)
  • 2014年09月 (0)
  • 2014年08月 (0)
  • 2014年07月 (0)
  • 2014年06月 (0)
  • 2014年05月 (0)
  • 2014年04月 (0)
  • 2014年03月 (0)
  • 2014年02月 (0)
  • 2014年01月 (1)
2013年
  • 2013年12月 (0)