ほんもんぶつりゅうしゅう
2022年07月20日
令和4年 夏期参詣 第31日目
第31日目 お祖師さまの御本意を継ごう
御教歌 お弟子なら お弟子のやうに 吾祖師の 御本意つぎて 弘むるが弟子
御題 「四五抄云唯一向ニ南無妙法蓮華経の七字斗を唱へしむる是即此経の本意也と」
大意 お祖師さまの御本意とは明瞭で妙法五字を弘めるにある。即ち「我も唱へ人にも勧める」教化折伏の菩薩行にあるのです。日蓮が弟子旦那と名乗る我々は口唱の経力をいただいてご弘通にきばらさせていただくことが肝心とお示しの御教歌です。
御指南 「仏祖の御本意隠没せり 此御本意を興すもの清風一人也。清風の流類のみ也 生々世々御奉公し奉らんの大願を立たり」 (諸流謗法折伏指南抄・扇全八巻三七頁)