ほんもんぶつりゅうしゅう
2022年08月03日
第231回臨時宗会を開催
令和3年度の宗務本庁一般会計や宗門諸機関の決算案を審議する第231回臨時宗会が、7月7日・8日の2日間を会期で開かれた。
本山宥清寺での開会のお看経、昼食休憩の後、議員点呼、開会宣言、講有上人の諭告、吉田日景議長の宣誓、新井日現宗務総長の挨拶と続き、令和3年度の財務監査報告、奉賛局より寺院インターネット環境整備調査回答結果の報告、教育局より「コロナに負けない菩薩たち」発刊の報告の後、議案審議に入った。
1日目は全て決算関連の議案が上程され、令和3年度の宗門諸機関の特別会計決算、宗務本庁一般会計収支計算書と財産目録、剰余金処分等の案件が可決承認された。
2日目は、常任委員会・特別委員会報告があり、特に「本山隣接地に関する特別委員会」から、宗会議員に対して行われた隣地に関するアンケート調査の結果報告と共に、開導聖人の御指南、今津佛立センター用地との因縁、地域社会への貢献とご弘通発展等について、高取日現委員長より「前向きに検討中である」との報告がなされた。
引き続き議事に入り、第24世講有日誠上人宗葬執行局並びに特別会計規程廃止の件、宗令第3号本山参詣及び奉仕規程一部改定案並びに前宗会で承認された宗令第29条の廃案議決の件、広報局の所掌事務に「だいほうこう」の編集及び発行に関する事項を設ける宗令第12条宗務規程一部改正案、令和4年度宗務本庁一般会計補正予算案を承認し、2日間にわたる議事日程を終えた。