ほんもんぶつりゅうしゅう
2022年10月14日
4支・信常寺 講有上人ご親教 川井日陵上人3回忌を執行
第4支庁・神奈川布教区・横須賀信常寺(住職信清宏章師)において、去る8月21日午前11時より、先住・川井日陵上人の3回忌が、佛立第26世講有日良上人の御親教をいただいて執行された。
当日は朝から曇り時々雨の模様であったが、講有上人ご夫妻ご到着になると雨が上がり、日差しも出、起死回生ともいえるお計らいをいただいた。
本堂左脇にご遺影を飾る花祭壇が設けられ、出座参列の有縁の教講により御題目口唱、焼香が手向けられた。また、一座奉修の中で、昨年に続き年間40個の教化育成誓願成就の御礼言上が講有上人よりなされた。
住職の挨拶の中で「昨年の1周忌でご親教をいただくはずであったが、新型コロナウイルス第5波で行動制限が出、やむなくご親教を取りやめたが、今回は第7波で心配はあったが、お計らいで執行させていただくことができ、教化誓願成就と共に先住にお喜びいただけたのではないか?」との談話が述べられた。
続いて講有上人よりお言葉を賜り、日陵上人ご生前の輝かしいご奉公を振り返られ「われ死んで遠い処へ行でなし どこへもゆかぬこゝにゐるぞよ」の御教歌で締めくくられた。
 御供養席は別席となり、住職の開式辞、柏日胤信廣会幹事長よりの献杯、永江日盡乗泉寺住職、澤田日義法正寺住職、柴﨑日布広宣寺住職より、日陵上人の思い出が述べられた。