ほんもんぶつりゅうしゅう

令和4年度本山初灯明料 ご奉納促進成就についての体験談

第7支庁  東北南部布教区

妙護寺

 当山では、「365日の志を本山御宝前へ」、「ご家族一人一人が奉納願主に」、「昨年よりも一灯でも多くご奉納を」という思いで、日々の御法門や当山の通信の中で教講共々御奉公をオススメしております。また、お助行にお伺いさせていただいた際には、功徳箱をお渡しさせていただく等、本山御宝前に対するお給仕の御奉公であるとお伝えしております。
 特に昨年度は、末寺の圓護寺新本堂建立という大きな財の御奉公をさせていただいた中でありました。この御奉公が本年度の本山初灯明料にどのような影響を及ぼすか心配しておりましたが、ご信者方の大きな志を受け増額奉納させていただけたことは本当に有り難いことです。
 私自身様々な御利益を見聞して実感しておりますが、財のご奉公は、一粒万倍の御利益をいただける本当に有り難い御奉公ですが、(特に普段お寺から足が遠のいておられる方程)昨今のニュースを騒がせているような誤解を与えてしまいかねないこともあります。教務として、ご信者方が喜んで御奉公をさせていただけるように、丁寧に信行の因果の功徳をお伝え出来ればと考えております。今年は、御会式の中でお初穂の御法門を春夏と聴聞させていただき、教講共々に勉強させていただきました。
 来年度も引き続き、家族一人一人が奉納願主とならせていただけるように、また御初穂のご信心を、毎日の信行、社会生活の中で志し厚く積み重ねていけますように、油断なく御奉公をオススメして参りたいと思います。
 
ご住職 近藤教要師

財務局より

妙護寺さまは、前年の奉納額から大きく増額(前年比116.3%)のご奉納成就をされました。




第9支庁  中国布教区

妙現寺

 佛立教務として宗門護持・本山護持は信心の根幹です。御法愛宗の思いを宗門三大奉納金をお初穂信心で以て功徳箱を活用して精一杯の功徳を積ませていただくことをご信者に手本をお示しすることが大事です。
  • 信心の思いを奉納額に込めさせていただく
  • 機会があるたびにご披露させていただく
  • 寺院の事務所でも御会式奉修費のご有志の0.5%を三大会で併せて25万と財務部としてのお初穂25万プラスして約50万を寺院として奉納しています。
高祖会全国奉納金、宗門総回向料も妙現寺として10万ずつさせていただいています。
教務もご信者も家族全員各々でさせていただくよう努力していますが、ご信者全体の70%ぐらいです。
寺院としても一年間の経営収支も赤字であったのが、黒字に転換し、基本財産もできるようになりました。

 
ご住職 山内日得師

財務局より

妙現寺さまは、等級寺院(四等級寺院)の中で一番ご奉納が多く、毎年増額のご奉納成就をされています。