佛立アンバサダー/HBS AMBASSADOR

佛立アンバサダー ディリーパ良潤師  第21回

ありがとうございます。

岡山妙現寺でのご奉公について写真と文章を送っていただきましたので、ご紹介させていただきます。

令和元年7月22日(月)。開導会の翌朝になりましたが、朝参詣時に佛立アンバサダー ディリーパ良潤師がご来寺されました。

 写真入りの寺内へのご案内が少し遅くなり、お参りされる人数がやや心配だったのですが、御法門第一座(6:15~)の後と、第二座時(7:15~)の計2回に渡り、ディリーパ良潤師にスリランカでの海外ご弘通についてのご紹介、ご苦労話し等をお聴かせ頂き、ご信者様も仕事前のお忙しい時間にも関わらず、計66名ものお参詣を頂きました。

 以前より、横浜妙深寺 長松御導師のブログ等を拝見し、スリランカ・ネパールを中心とした海外ご弘通の予備知識程度はありましたが、本物の、しかも生のお声を聞ける機会など滅多にありません。

 ディリーパ師からは、特にゴール親会場を中心とした講有巡教時の他宗からの妨害を乗り越えてご奉修が完了した事、政府を挙げて佛立宗にサポート頂けた事、マスコミも大きく報じ、社会に広く佛立宗が知れ渡るきっかけになった事などを、非常に分かり易くお話し頂きました。

真っ直ぐなお話を頂き、居ても立っても居られない衝動に駆られ、許可を頂き、ディリーパ師からのお話の後に、急遽質問コーナーを設けさせて頂きました。

 時間の都合上、多くの質問をさせて頂く事は難しかったですが、数年前の津波や今年のテロの際の大変なお話しと御利益談。お教化に繋がる為の若い方達の活動。そして社会との接点を大切に、佛立宗の教えに関して丁寧なご説明をされておられること等、多くのお話を頂く事が出来ました。

その後、ディリーパ師と共に皆様でお供養を頂いたのですが、質問コーナーで質問できなかった方たちから、追加のご質問のリクエストを多数頂き、お食事の途中でしたが再度少しお話を頂く事が出来ました。

 ディリーパ師は若干30歳。日本語はほぼパーフェクトにお話されますし、その他数か国語を操られるとの事。何よりも私達信者側から拝見しましても、非常にきれいで真っ直ぐな目をされておられ、お若くして佛立宗の海外ご弘通を一身にけん引されておられるのだなと感じました。

 本来はサポートしなければならない立場の私達日本人が、逆にサポートされている様で、大変申し訳ないような、少し変な感情が生まれた事も確かです。

 スリランカ・ネパールのご弘通発展を心より願っておりますと共に、私達にも何かお手伝い出来ないかを考える、非常に有意義な一歩だったと思います。

ありがとうございました。      

 妙現寺 岡田