佛立アンバサダー/HBS AMBASSADOR

佛立アンバサダー ディリーパ良潤師  第31回

令和元年7月29日の朝は豊中良風寺でご奉公いただきました。その後は30日からの東北弾丸ご奉公のために関東に移動する予定でしたが、浄風寺でもご奉公くださいました。
コレイア御導師にしても、ディリーパ良潤師にしても、この機動力が佛立らしく、ありがたいです。
いつも、飛んで行って、ご奉公くださいます。本化の菩薩行は常に「行ッテ」の精神なのですね。
現在は新幹線に乗って横浜へ向かっている途中です。30日の9時半までに仙台へと移動していただきます。そして、先日ご遷化になられた近藤泉国御導師、能護院日顕上人の、ご報恩の一分になればと、妙護寺でのご奉公が予定されております。
下記、ディリーパ良潤師のレポートを掲載いたします。
「ありがとうございます。
今朝、良風寺の朝参詣で御法門を拝見させていただきました。御法門の中で、スリランカで行われているご奉公の映像や写真を参詣者にご覧になっていただきました。
時間が限られていたので用意していたネパールの写真などはお見せできませんでしたが、朝参詣終了後に西村御導師から「ネパールとインドの話の続きもするように」とご指導をいただきました。
御導師のご挨拶にネパールでお亡くなられた小原アキラ君のご紹介までしてくださったので、その話しも含めて激励をさせていただきました。
朝食のご供養の後、出発の準備をしていると、コレイア淳亜師に「良風寺の副御住職は今東大阪の浄風寺に行かれているので予定が空いていたらそこにも来ていただければとおっしゃっていました。」と言われました。
元々予定されていませんでしたが、私は「それだったら今から行きましょう。新幹線の駅へ行く前に、浄風寺へ行かせていただいてもよろしいでしょうか。」と伺ったら、大変喜んで浄風寺まで車で連れて行っていただきました。
ブラジルのコレイア淳亜師と共にスリランカの私が日本の大阪でご奉公に行かせていただくことを考えて、つくづく何て佛立宗は国際的だろうと思いました。
浄風寺では朝から「大津ご法難記念口唱会」が行われており、ちょうどその終わりの頃にお寺に到着させていただき、西村清信御住職からご紹介いただいて激励をさせていただきました。
ご信者さんに喜んでいただけたと思っております。その後、コレイア淳亜師の運転で新大阪駅に着き、新横浜までの新幹線に乗らせていただきました。
ありがとうございます。」