御法門

令和3年度寒参詣 第7日目(1月12日)

第7日目
 
経力宗
 
御教歌
今は唯 経の力で おのづから 弘るといふ 時をしれとよ
 
御題
「高祖曰 道理文証よりも現証には過ず」
 
大意
末法とよばれる現在は、ただ御題目の尊いお力で弘まるときだということを知らなければならないと教えていただくので、凡夫の智慧をはたらかせず、ひたすら我も唱え人にも勧める口唱折伏に励み、御経力によって現証を現すことがご弘通につながるのだ、とお示しの御教歌です。
 
御妙判
「日蓮佛法をこゝろみるに、道理と証文とにはすぎず。又道理証文よりも現証にはすぎず」 (三三蔵祈雨事 昭定一〇六六頁)
 
御指南 「されば末代の弘通は現証ならでは信起らず。されば宗論問答よりも経力現証にはしかず」 (百座一句 扇全十四巻三六六頁)