御法門

令和3年度寒参詣 第4日目(1月9日)

第4日目
 
法灯相続
 
御教歌 法花経は 家に伝へて 世財は子孫 あらそひのもと
 
御題 「名利を以て信行に代へよ」
 
大意 子孫に財産ばかりを残したことにより、かえって争いの火種を作ってしまうような結果にならぬよう、何よりまず御題目口唱の信行を後の世代に相続していかなければならない、とお諭しの御教歌です。
 
御指南 「信行を子孫に伝へんは二世安楽の基本也利を貪りて楽しと思ふは仏説不信の根元也」 (御弟子旦那抄 上 扇全十四巻五四頁)