よくあるご質問

戒名について

Q 戒名のいわれや意味を教えて下さい。佛立宗の戒名と他宗の戒名はどう違うのでしょうか。

A 一般に戒名というとお葬式の際、故人に授けられるものと考えられていますが、本来は求道心の厚い仏教徒にたいして生前に与えられていたものなのです。  戒名は法号ともいい、日蓮聖人のお弟子方はそのほとんどが得度したのち「日蓮」の「日」の字をいただいて日昭、日朗、といった法号を授かっていました。また日蓮聖人に帰依した信徒の中にも多くの人が生前に法号を授かっています。  たとえば当時の教団を統率する重鎮であった富木胤(たね)継(つぐ)氏は「常(じょう)忍(にん)」、また当時の代表的信徒であった太田氏、曽谷氏は、それぞれ俗名であった乗(のり)明(あき)、教(のり)信(のぶ)を「じょうみょう」「きょうしん」と読んで法号としていました。当時の女性信徒の中にも聖人から法号を授かった人が何人もおり、たとえ鎌倉から幼児を伴って佐渡ご流罪の聖人を詣でた女性信徒は「日妙」という法号を授かっています。

院号について  このように、もともとは二文字で、しかも生前に授けられていた戒名、法号も、時代を経るに従い、その人の社会的な地位や功積、信仰心の厚さなどを表わすために字数が増え、また室町時代あたりから仏式による葬式、法事が盛んになるに従い、受戒していいない者は成仏しないのではないか、と考えられるようになり、故人にも受戒したことを証明する意味で葬式の際、戒名を追贈する習わしが生まれたようです。  さて、佛立宗の法号は通常、「院号」「勲号」「道号」「日号」「位号」が組み合わされて成り立っています。  まず院号ですが、当初は貴人に限って用いられた尊称でした。昔は天皇が退位して上皇となりますと、一応、出家の形をとって寺院に入る習わしがありました。 そこで、上皇はたとえば後白河院というように院号でもって呼ばれるようになったのです。女性の場合でも、たとえば平清盛の娘で高倉天皇の中宮となった徳子はのちに出家し大原寂光院に住み建礼門院と称されるようになりました。  このように院号というのは、もともと「尊敬すべき人、高位の人」という意味の尊称で法号の一部として一般庶民に与えられることは稀で、江戸時代に入ってからでも士分以上の者に限られていました。  このように院号は一般庶民には無縁のものだったのですが、近代になって広く法号に院号を加えるようになったのです。 勲号について 勲号は、宗門の褒賞規定によって授かり法号に加えられる号で、その人の生前の信行面の勲功を顕す号です。 特一級受級者は「清勲」号が、一級受級者は「法勲」号が、また二級、三級受級者には「講勲」号が、そして四級、五級受級者には「教勲」号が授与されることになっています。(つづく)