佛立会館・学校・佛立霊地

 本山から西へすぐの所に位置する「佛立会館」。ここには宗門行政の中枢、「宗務本庁」があり、1階には宗内外や地域に開かれた施設である「京都佛立ミュージアム」、3階部分には宗門の議決機関である宗会を開催する大会議室を擁します。
 
 佛立会館より南へ少し下がったところに全寮制の専門学校、「佛立教育専門学校」があります。開導聖人が明治13年3月に建立された佛立修学所から始まり、その後、佛立教学院、佛立修学校を経て現在の佛立教育専門学校に至ります。卒業生は、ご弘通の最前線で活躍すると共に、宗門の要職あるいはその中堅として指導力を発揮しています。本宗の図書館である「佛立図書館」も、その校舎内にあります。
 
 学校の向かいには開導聖人の御墓所である「佛立霊地」があります。ここは旧宥清寺跡地で、現在は開導聖人自ら70歳の時、中央に南無妙法蓮華経、両脇に本門肝心上行所伝、如是本尊但限八品と刻まれた墓碑が立てられています。