2019年03月01日

佛立青年教務会の活動を報告します 初めて全国助行に参加! 第7支部4ヵ寺に激励参詣 第9支庁呉・妙泉寺 藤本清隨

現在、私は乗泉寺へ学生として寄宿させていただいております。 
この度、初めて昨年の11月24日から25日にかけて青教全国助行に参加させていただきました。1日目は気仙沼清護寺から陸前高田慰霊碑、釜石慈念寺、盛岡広宣寺で宿泊。2日目は広宣寺朝参詣後、仙台妙法寺へ各寺激励を交えた日程でした。
清護寺ではご信者方が手をついてお見送りくださり、皆さんの笑顔に緊張が少し和らぎました。慰霊碑前では熱の入ったお看経が上がり、慈念寺では脇座に座らせていただく貴重な経験をさせていただきました。
広宣寺では青年会御講後、宿泊をお受け入れいただきました。御戒壇は以前の乗泉寺のもので私の御師匠様の青年期のお給仕姿を想えただけで嬉しく思いました。朝勤行の後、妙法寺へ向かい、お総講に参詣させていただきました。大尊師直筆さとし絵も拝見する事ができました。
東北の街を移動中の景色はまだ震災の爪痕の残るもので、それでも東北各寺はご信者方の懸命なご奉公により護持されている所を目の当たりにしました。激励助行に行かせていただいた私の方が無言の激励を受けたように思います。また各寺院の御住職、御講師、引率して下さった先輩方のお話、アドバイスをいただき大変身になる事であったと存じます。
青少年の一座のポスターを作成されたのは広宣寺の18歳のご信者さんだという話もお聞きしました。素晴らしい青年会員の方がいらっしゃるというのは大変心強く思いました。
今回行かせていただいた4ヵ寺それぞれに良い所、それぞれのやり方があり、それらを共有できる良い機会であったと先輩方も仰せで、佛立宗の発展に繋がるとお話くださいました。様々な話を聞かせていただける青年教務会の場は私にとって楽しく、とても勉強になりました。参加させていただいて本当に良かったです。ありがとうございます。
(呉・妙泉寺所属 )