2020年06月01日

イタリアよりコロナ感染の現状報告

下記はイタリア北部で役中としてご奉公されているマリアピアさん(女性英語教師)からの現状報告です。

 福岡日雙御導師、有難うございます。
御導師よりお見舞いと励ましのお手紙を重ねていただき感謝感激しております。
 日本におけるコロナウイルスの感染状況もテレビのニュース等で知っております。
 御導師はじめ日本の教務様、ご信者様はきっと佛立信者としての信念を持ってこの難局に立ち向かっておられることと存じます。
 日本の佛立宗の教講の皆さまが私共のこともご祈願してくださっていることを本当に有難く、心強く思っております。
 各々、地理的には遠く、隔たっておりますが、御本尊、御本尊内にまします仏、菩薩方、諸天善神方のご加護を頂きつつ、異体同心で信行に心がけ、この苦難の時期を乗り越えさせていただこうと決定しております。
 私が住んでおりますイタリア北部の地域はとりわけ高齢者を中心にコロナウイルスの感染者が多く、互いの感染を防ぐために生活する上でのさまざまな規制が課せられております。しかしながら、最近になって少しずつ感染終息のきざしが見てきつつあります。
 現在、イタリアは宗教活動を含め集会が厳しく制限されておりますので、信者は時間を合わせて同時に各家の御宝前で御題目をお唱えし、香風寺フィレンツェ別院から送られてくるダニエッレ、キィアッフィ良誓師の御法門をウェブサイトを通して聴聞させていただいております。良誓師の献身的なご奉公には本当に随喜いたしております。
 また、ご信者同士もウェブ電話を通して励まし合い慰め合っておりますので、お互いの佛立信者としての絆がより強固なものになりつつあります。
 福岡御導師ともこのところお目にかかれませんが、御導師が温かく私たちを見守ってくださっていることを感じております。そして、なによりも私たちは福岡御導師によってこの尊い妙法のご信心がイタリアの私たちの許に伝えられたことを、そしてこのご信心にお出会いできたことを心より有難く思っております。
 御導師にお目にかかる日の訪れが早くきますようにと祈りつつ。 マリアピア