2019年11月01日

佛立青年教務会の活動を報告します。 8月19~20日乗泉寺で開催された決起大会に参加 信厚寺所属・杉浦正典

去る8月19~20日に開催された第28期佛立青年教務会「青教決起大会」に参加させていただきました。会場は渋谷乗泉寺。私は朝参詣の際の御法門のご奉公をさせていただきました。
乗泉寺様での御法門、不安と緊張でいっぱいでしたが、先輩の御講師に御法門を添削していただきました。また前日の夜に御法門の練習をしていましたら、小野山現仕師が付き合ってくださり、アドバイスをくださいました。そのおかげでいつもとは違う御法門を新鮮な気持ちで説かせていただきました。
撮影係の御牧要昌師が撮影された御法門の映像を見たところ、緊張で青い顔をしている様にも見えましたが、ご奉公を無事にさせていただけたのでホッとしております。
 金澤歓一師の講演では、「青年教務会のご奉公を楽しんで学び、参加しましょう」という内容をご自身の経験を元にお話をしてくださいました。また「現会長である吉村会長が必ず、損はさせない良い経験になるご奉公をさせてくれる」と太鼓判を押しておられました。
 決起大会の最後には乗泉寺様の案内をしていただきました。乗泉寺様の歴史を絡めながらの案内の中で、本堂御宝前が免震構造になっていて「地震が来てもお祖師さまは揺れない」というお祖師さまを守るための工夫の話が印象に残っています。
その他には、忘れ物をした際には岡本廣洋師が助けてくれました。緊張による腹痛でお手洗いに行った際には所属の御講師が道案内をしてくださり、広いお寺でその方とはぐれてしまった際には別の御講師が助けてくれました。
 この度のご奉公は沢山の青教会員の助けをいただきながらのご奉公でした。ですが、それが青教の良さであることを感得させていただきました。今後も青教全国助行など青教ご奉公に励ませていただく所存です。
 最後になりましたが、この度、私たちを受け入れてくださり、私に貴重なご奉公をさせてくださった乗泉寺様、本当にありがとうございました。