2018年08月01日

ロサンゼルス組親会場と正法教会へ  三祖御会式とお助行 43名が団参 第2宗務支庁

去る5月18日から25日まで、第2宗務支庁主催で海外教区当番参詣として、ロサンゼルス組親会場と正法教会に43名が団参に参加させていただきました。
 今回の団参は米国本門佛立宗ロサンゼルス組親会場の三祖御会式の参詣と正法教会でのお助行を通じて、米国佛立宗の更なるご弘通隆昌発展の一助と米国ご信者との友好を計らせていただくことができました。
 関西国際空港では多数の第2宗務支庁関係者のお見送りをいただき、ロサンゼルス空港に無事到着。空港では、弘通局の岡居日実導師・正法教会担任の田村泰明師・現地のご信者の方々にお迎えをいただきました。
 ロサンゼルス組親会場の三祖御会式は晴天のもと、第2宗務支庁長・安国寺住職・蔭山淳和師に無事奉修いただき、支庁長から現地組長に第2宗務支庁からの弘通後援ご有志をお渡しさせていただきました。
 三祖御会式終了後、親会場のご信者方がバーベキューのご供養を用意いただき、団参者一同、美味しく頂戴しました。
 ご供養後、引き続き正法教会へ専用バスで移動し、お助行をさせていただきました。田村泰明師並びに、正法教会の局長ご夫妻から、所属のご信者宅は車で片道八時間以上離れた場所に点在しているため、インターネットを繋いで各お宅で同時にお助行をしているなど、教会のご奉公の現状を説明いただき、遠隔地でのご奉公のあり方を学ぶことができました。
 今回の団参では17歳からご高齢の方まで幅広く参加いただきましたが、無事に帰山することができました。末尾になりましたが、団参を企画・運営いただいた蔭山支庁長並びに名鉄観光の小川様に感謝御礼申しあげます。