2021年04月01日

佛立青年教務会の活動を報告します 4月より新会長としてご挨拶をさせていただきます 良いお看経により一層励み御意に叶ったご奉公を! 第29期会長 加藤喜遵

ありがとうございます。
この度、第29期佛立青年教務会の会長としてご奉公をさせていただくことになりました第11支庁・神戸布教区・佛立寺所属の加藤喜遵と申します。
第24期より本部役員として、通算5期に亘って歴代会長の下、様々なご奉公を通して勉強をさせていただいてきました。この度、このようなお役を拝命したことに身の引き締まる思いです。
さて、第29期青教のご奉公ですが、宗門においては「高祖ご降誕800年」という大きな節目をお迎えし、青教においては「佛立青年教務会創立60周年」という1つの区切りを来期にお迎えさせていただくタイミングでのご奉公となります。
開導聖人は御指南に、「佛法即世法抄 清風のきも、はらわた也」(末代幼稚信要抄・扇全12巻312頁)とお示しです。
現在、世間を見てまいりますと、新型コロナウイルス感染拡大など様々な問題がございます。決して看過できないことばかりではありますが、こういう時だからこそ、開導聖人が「きも、はらわた」とお示しのように、ご信心を第1にさせていただくことが大切と考えております。
前期では吉村会長の下で「お看経」を大切にさせていただくご奉公をさせていただきました。
今期はこの思いをしっかりと受け継ぎ、1月30日にご遷化遊ばされた佛立第24世講有小山日誠上人がご提唱された「良いお看経」により一層励ませていただくと共に、人間で言えば還暦を迎えようとしている青教として改めて原点に立ち返り、御教歌や御指南を頼りに本部役員、支部長をはじめ、会員の方々と御意に叶ったご奉公を展開させていただきたいと考えております。
そして青教のご奉公を通じて全国のお寺やご信者の皆さま、青教会員の方から「お看経により一層励むようになりました」「若いお教務さんができて欲しいと思いました」というきっかけになることができれば、こんなにありがたいことはありません。
まだまだ至らぬ身ではありますが、少しでもご弘通のお役に立つことができるご奉公に励ませていただく所存でございます。
それでは皆さまと共にお看経やご奉公をさせていただくことを楽しみにしております。どうか、よろしくお願いいたします。ありがとうございます。       合掌