2019年06月01日

第11支庁阪神布教区 弘通推進大会を開催 石田日奥上人の講話を聞く

去る2月3日、平成31年度阪神布教区弘通推進大会が宝塚・妙宝寺(住職・野口清継師)にて行われました。
午前10時受付開始。10時半から西村厚明布教区長導師によるお看経が行われました。短い時間ではありましたが、妙宝寺本堂内一杯の参加者により熱祷が捧げられました。
引き続き、西村布教区長にご挨拶をいただき、布教区福祉参与の池田昇氏より「福祉の輪をひろげる会」の活動報告が行われました。その後、3月17日に開催される第6回第11支庁青少年の一座のご披露が行われ、11時半より講演が行われました。
今回の講師には、吹田宣法寺・権大僧正・石田日奥上人をお迎えし、高祖日蓮大士ご降誕800年慶讃ご奉公成就に向けて、八○○の三本の矢を中心に約1時間の講話をいただきました。最後に会場寺院・妙宝寺の横山公一局長による閉会の挨拶があり、この日の推進大会のプログラムは終了しました。
当日の参加者は、教務12師、ご信者は参加目標200名に対し205名と、目標を超える参加をいただき、総合計217名により、盛大のうちに終了しました。