2019年08月01日

第3支庁 ハワイ別院三祖御会式へ団参 一行27名が6日間の行程を無事に成就

第3支庁ハワイ別院三祖御会式参詣団の一行27名は、去る6月7日から12日までの日程でハワイを訪問した。
 滞在3日目の6月9日、ホノルルは朝から快晴の御会式当日となった。一同、そろってバスで別院へ。午前10時30分、団長・渡辺龍幸師のご唱導で開式。私達と現地のご信者、そして併修された別院第7代担任「開運院日茨上人」の御七回忌に岩手県から参列された有縁の方々を加えた賑やかな一座となった。
 お看経後は、第3支庁よりハワイ別院への「ご有志」贈呈のセレモニー。続いて、別院プレジデント・長谷川日堯師よりハワイでのご弘通の歩みについてレクチャーを受ける。代をつないでご奉公に邁進されてきた、多くの先師、先人方の熱い佛立魂を、一同、心に深く感得させていただく。
 最後に、奉修導師から『むつかしくわかりにくきをやはらかに かなに教ふる宗旨也けり』との御教歌で御法門を聴聞させていただいて閉式となった。
 その後、前庭に設けられた御供養場で、別院のご信者方といっしょに心尽くしのバーベキューやおにぎり、冷やしそうめんや冷たい飲み物等をおいしく頂戴した。「アロハ!」「ありがとうございます」等と、つかの間のふれ合いであったが、同信の絆に心和むひとときを過した。
 翌日の夕刻は、トロピカルムードあふれるホテルのプールサイドを会場に、旅行中、最初で最後の懇親会『お別れ夕食会』を開催、ハワイ最後の夜を堪能した。
 6月11日、午後2時過ぎ発の飛行機で一路帰国の途に。12日夕刻には中部国際空港に到着。御法様のご加護のもと、6日間のハワイ別院団参ご奉公を無事成就させていただいた。(第3支庁広報参与記)