2017年04月01日

海外アメリカ 米国教区教化セミナーを実施 福岡日雙師の講義聞き口唱に励む

去る2月11日~12日、弘通局主催の米国教区教化セミナーが、アリゾナ州ツーソンとカリフォルニア州サンフランシスコにおいて開催され、福岡日雙師が講師としてご奉公くだされました。
今回のセミナーの目的は、将来の米国教区の弘通基盤確立、信徒増加の為、現地アメリカ人への教化運動の一環として行われました。
11日はアリゾナ州ツーソンで、アリゾナ大学のキャンパスの一室を会場として行われ、大学生を中心に六人の参加者があり、1時間の講義のあとは、御安置された御本尊に向かってセミナーの参加者も一緒にお題目をお唱えさせていただきました。
12日はサンフランシスコのホリディインゲートウェイで開催されました。サンフランシスコ方面ではサンフランシスコサンノゼのご信者が友人を将引され、40席用意した席がほぼ満席になりました。
福岡御導師の講義は全て英語で、約1時間30分行われ、参加者も熱心に聴聞されておりました。講義の内容は、アメリカ人にも理解ができるような工夫がなされ、たとえば、右脳と左脳は働きに違いがあり、左脳を使い御法門を聴聞し、右脳を働かせ、佛菩薩にご感応いただける喜びのお看経をさせていただく。
そして図を示しながら深層心理について説明され「アラヤ識に植えられた種は私たちの将来を左右する精神的なエネルギーですから正しい修行をして良い種を植えるようにすることが大切です」と講義され、更にロスアンジェルスとイタリアでのご回向についての不思議な経験をお話しくだされました。
参加者は真剣に福岡御導師の講義を聴講し、最後に御安置させていただいた御宝前で、全員で力強いお看経をさせていただきました。
今回のセミナーで植えられた下種結縁の種が一日も早く宿善薫発させていただけるように、地元信徒もさらなるご弘通ご奉公に精進させていただきます。
福岡御導師、同行された北崎立耕師(光薫寺)、現地ご信者の方々などのご奉公のお陰で無事開催させていただきました。改めて厚く御礼申しあげます。
  (田村泰明記)