2020年01月01日

小西宗務総長 年頭の挨拶

新年明けましておめでとうございます。宗内各寺院の法運隆昌、教講ご一同の身体壮健ご奉公成就を祈念申しあげます。また、宗内教講の皆様には本山初灯明料を毎年毎年、志厚くご奉納いただき心より随喜御礼申しあげます
 昨年、講有上人には、イタリア開教20周年のご巡教をはじめ、国内外のご巡教・宗門のご奉公を賜り誠にありがとうございます。何卒本年も、法体ご健勝で、宗門の総導師としてご教導いただきますようお願い申しあげます。また、講尊・日誠上人には、ますますの法体ご健勝を祈念申しあげ、なお一層のご教導を切に願う次第です。
さて、本年は高祖日蓮大士ご降誕800年慶讃「世にともしびを。人にやすらぎを。教化・法灯相続つづれ織り運動」の3年目です。講有上人の年頭のお言葉にもございましたように、本年度は目に見えた弘通の成果を示していかねばなりません。
そのためにはまず佛立信心の原点に還り、全宗門人の教化意欲を高めて「お教化の成就を以てお祖師さまにお悦びいただこう」と宗門では「八〇(ハチマル)〇(マル)の三本の矢」を放ちました。
第一の矢の「教化誓願達成に全力」と、第二の矢の「教務員および学徒を育てる」は、各寺院の5ヵ年誓願の早期達成を目指すご奉公です。第三の矢の「薫化会活動の充実」は、皆様のご家族の信行相続に努めてタテ糸を堅固に編むご奉公です。これらは、宗内の様々な課題を好転し、克服するご奉公となります。
本年はタテ糸の信行相続も、第7回「青少年の一座」を本山で奉修し、次世代の佛立菩薩の育成を強力に進めてまいります。
この法要によって、育成された未来の本門佛立宗を背負う若き佛立菩薩の御題目口唱の音声が、世に響き渡り、教化折伏・法灯相続が促進されます。そして、若き佛立菩薩の勢いをあと押しして、お互い一人ひとりが各寺院の推進力の佛立菩薩として、ご弘通ご奉公に励んでいただきたいと存じます。
私ども宗務本庁役員一同も、講有上人の年頭のお言葉を体し、御法の御意にかなうよう、初心に立ち返りご奉公をさせていただきます。
どうぞ、宗内教講各位の絶大なるご支援、ご協力を心からお願い申しあげ、新年のご挨拶とさせていただきます。

令和2年元旦
 本門佛立宗    
宗務総長 小西日演