2017年07月01日

第2支庁北大阪布教区 薫化会の春季交流会を開催 布教区始まって以来の100名突破

北大阪布教区薫化会では、去る4月30日に春季交流会を開催し、大阪府貝塚市彩の谷「たわわ」にて、いちご摘みとバーベキューをさせていただきました。赤ちゃんから大人まで合わせて一一〇名のご参加をいただきました。
当日は10時より妙光寺にてお看経。その後、大型バス2台で移動。バスの車内では、リーダーによる自己紹介ゲームのおかげで、初めて会った子供たちともすぐに仲良しになりました。
到着後、農家の方からいちごの摘み方を教えてもらい、初めていちご摘みに挑戦する子どもたちでも上手に摘むことができ、大満足の様子。子どもたちの中には、お家で待っているお父さん、お母さんへのお土産にと、きれいないちごを摘んでいる優しい姿も見ることができました。
いちご摘みの後は、バーベキュー。リーダーがチャッカマンを忘れるというドタバタもありましたが、ご参加いただいたお父さんお母さんのご協力もあって、なんとかおいしいお肉にありつくことができました。
妙光寺に戻って、御礼のお看経の頃には元気だった子どもたちもさすがにお疲れの様子でした。それでも「楽しかった!」「また来たい!」と声をかけてくれ、ご奉公者一同うれしく感激いたしました。
この度、参加者が100名を超えました。薫化会の行事で100名を超えるというのは、恐らく北大阪布教区薫化会始まって以来、初めてのことだと思います。布教区の活動が各寺院の法灯相続の一助になれるよう、今後ともご奉公に精進させていただきます。