2020年07月01日

令和2年度 佛立教育専門学校入学式を挙行

発心得度の志を磨いて 6師が行学二道に精進を誓う

宗立・佛立教育専門学校の令和2年度入学式が、去る6月12日、学校長長谷川日堯師導師のもと、学校舎監、佛立図書室長、1年・2年各担任と在校生が参列する中、学校3階の大教室御宝前の間で厳かに挙行された。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のために当初4月10日の予定が5月に延期。緊急事態宣言延長に伴い再延期となり、学校創立記念日に合わせて内容を大幅に縮小した入学式となった。換気の為に窓を全て開放、全員マスクを着用して感染リスクをできる限り排除する形で執り行われた。
 一座お看経の後、式典に入り、講師・教諭の任命書が下付された。
 続いて学校長の挨拶があり、「4月に行うはずの入学式がコロナの影響で延期され、本校創立70周年の創立記念日に合わせて行わせていただきました。
 これから2年間、佛立教学の基礎を学んでいただくのですが、何気なく過ごせば2年はあっという間に過ぎてしまいます。わからないことはそのままで終わらせず先生方にしっかりに聞くように。皆さんはご自坊の期待を背負って学校に来ていることを忘れず精進してください」とお諭しいただいた。
 続いて昨年の学校授業における皆勤賞の授与があり、野上立喜師が拝受した。引き続き新入生の自己紹介があり、最後に新入生を代表して河内良啓師から宣誓があり、校歌を斉唱して入学式を終えた。式終了後、開導聖人御墓所にて御墓前奉告参詣を行った。
 なお、新入学生は4月2日に入寮式を既に済ませ、翌3日から本山での出仕とお給仕のご奉公が始まっている。緊急事態宣言により自粛されていた授業も、5月18日よりオンライン授業を導入しながら徐々に再開。6月2日からは一部の授業を除き通常通りの授業が行われている。
 無事2ヵ年の行学を努め、佛立教務としてご弘通の第一線に立たれることを祈念する次第である。

 専門科入学生
河内良啓師 ②一乗寺
竹内現法師 ②義天寺
竹村随教師 ⑤妙蓮寺
横田淳苗師 ②清風寺

 普通科入学生
梅田随進師 ②妙扇寺
諸戸信持師 ⑧信廣寺

 別科研究生
加藤喜遵師 ⑪佛立寺
福岡清耀師 ⑪正法寺
内田承実師 ②日乗寺
野﨑隨遼師 ②本妙寺
松井真宏師 ⑤乗泉寺
金澤廣善師 ⑤乗泉寺
鈴木光典師 ②清風寺