2019年01月01日

松信塾婦人部のバスハイク  高祖ゆかりの地を訪ねる旅 第5支庁 清秀寺門末

昨年10月30日、第23回松信塾婦人の部バスハイクが開催されました。松信塾とは、小松川清秀寺門末7ヵ寺による勉強会です。婦人の部では、高祖日蓮大士ご降誕800年に向けて、3ヵ年計画が立てられました。春には講義をいただき、秋にはゆかりの地を訪ねるという企画です。
 第1弾として、5月29日、荒木誠啓師より「御生誕から小松原のご法難」までの講義をいただき、今回、小湊方面・ご生誕の地へバスハイクが実施され、岡本日苑上人、浜野誠寛師、石原亮淳師の3師にご引率いただきました。
 当日は岡本御導師始め参加者皆様のお徳を頂戴し、晴天のお計らいをいただくことができました。総勢40名、平均年齢○○?歳の女性たち。賑やかに一路、誕生寺へと出発いたしました。早速、車中では岡本御導師唱導のもと、お看経が上げられました。
 誕生寺にて記念写真撮影後、楽しみにしていた昼食、お刺身や天ぷら、煮魚に舌鼓。
 次に小松原ご法難の地鏡忍寺へ。ここでは長福寺劇団による寸劇。役者たちの迷演技に拍手喝采でした。その後、一路帰途につきますが、バスの中で最後のお楽しみビンゴ大会。全員に景品が行き渡り皆、笑顔のうちに塾が終了いたしました。
 次年度の鎌倉、さらに身延へと続く塾を一同、楽しみに解散しました。
(信澄寺・福岡弥生記)