2018年07月01日

第32回こどもおえしきを奉修  こどもフェスティバルで大いに盛り上がる 第11支庁 阪神布教区

去る5月5日、尼崎本圓寺において御住職・権大僧正・伊藤日学上人御親修のもと、阪神布教区第32回「こどもおえしき」が奉修され、子供43名、大人159名、合計202名のご参詣をいただきました。
第1部では管内寺院薫化会願主で高祖日蓮大菩薩御会式を奉修。式典では優秀会員の表彰があり、代表の隆宣寺・藤原悠君が、布教区長・山内良鷲師より表彰状と記念品を拝受しました。御法門では伊藤日学上人より、お祖師さまのご一代について、図絵を用いて教えていただきました。
法要後は境内地においてカレーのご供養をいただき、第2部では「こどもフェスティバル」へ。本圓寺の広間で管内各寺院の教養部による出し物を観覧しました。クイズや2人羽織り、お絵かきなど、子供たちは身を乗り出して見入っていました。その後、恒例のお楽しみ抽選会をして終了。
今回、伊藤日学上人より信心増進の糧とするようにと参詣の子供たちに大放光社刊「日蓮さま歴史編」をご贈呈くださいました。ご厚意に感謝申し上げます。
こどもおえしきも32回を数えるに至りましたが、今後も参詣やご奉公を通じて子供たちが無事成長、法灯相続して佛立菩薩として弘通の第一線で活躍されることを祈念します。