門祖日隆聖人物語

第3回[2012年3月号]

アイコンをクリックするとダウンロードできます。

日本が、南北両統の二人の天皇を立てて争った室町南北朝時代。越中(富山県)で南朝方の武士として有名であった桃井(もものい)家は、父親の尚儀公(ひさのりこう)が、長男である門祖聖人をお寺に入れてお坊さんにされました。本日は、その得度のいきさつを見てみましょう。