『開導をゆく〜日扇聖人の足跡をたずねて〜』—佛立開導日扇聖人ご生誕200年慶讃—

#15 長松寺

佛立開導日扇聖人は、明治17年(1884)に麩屋町のご法宅(現在の長松寺)に転居され御信者の教導、御指南の執筆に勤められました。この長松寺は、開導聖人ご在世当時のたたずまいを今に伝える貴重な場所。御宝前は開導聖人が考案され護持されていたもので本門佛立宗の御戒壇のオリジナルとなります。