『開導をゆく〜日扇聖人の足跡をたずねて〜』—佛立開導日扇聖人ご生誕200年慶讃—

幕末維新の仏教改革者といわれ、本門佛立宗を開講した日扇聖人(長松清風)。本門佛立宗では、平成29年(2017)に生誕200年を迎えることから日扇聖人の足跡を訪ねご紹介する番組『開導をゆく〜日扇聖人の足跡をたずねて〜』を制作することとなりました。本門佛立宗の教務(僧侶)が各地を回り、日扇聖人を知り、身近に感じていただける情報をお届けします。

#17 開導聖人ゆかりの品をたずねて

現在、京都佛立ミュージアムで展示中の「幕末仏教改革者 長松清風展」ここには長松清風・佛立開導日扇聖人のゆかりの品々が所狭しと...

#16 誕生寺

佛立開導日扇聖人の生家のあった蛸薬師室町に立つ誕生寺。開導聖人御生誕200年を期して改築建立されました。玄関には、開導聖人が御誕...

#15 長松寺

佛立開導日扇聖人は、明治17年(1884)に麩屋町のご法宅(現在の長松寺)に転居され御信者の教導、御指南の執筆に勤められました。こ...

#10本山宥清寺

佛立開導日扇聖人は、明治2年(1869)に、宥清寺を修学所とするため妙蓮寺貫首日成師に願いでて了解を得、弟子たちと共に移り住みま...

#09 大津・佛立寺[後編]

開導日扇聖人がご開講の翌年、安政5年(1858)には、病気に苦しむ小野山勘兵衛氏の病気平癒の現証御利益からご弘通が発展していきます。

#08 大津・佛立寺[前編]

布教が拡大していた本門佛立講を脅威に感じた大津64ケ寺が「日扇がキリシタンの邪法をひろめている」という訴えを京都府に起こします...

#07 京都東山・西行庵

佛立開導日扇聖人(長松清風)は、32歳で師匠・無著日耀上人の下で出家得度します。その後、尼崎本興寺の檀林に入りますが、そこで...

♯06 神戸・佛立寺〔後編〕

佛立開導日扇聖人(長松清風)が最後に開かれたお寺、神戸・佛立寺を訪ねます。 明治23(1890)年6月3日神戸教実組親会場とし...

♯05 神戸・佛立寺〔中編〕

佛立開導日扇聖人(長松清風)が最後に開かれたお寺、神戸・佛立寺を訪ねます。 明治23(1890)年6月3日神戸教実組親会場とし...

♯04 神戸・佛立寺〔前編〕

佛立開導日扇聖人(長松清風)が最後に開かれたお寺、神戸・佛立寺を訪ねます。 明治23(1890)年6月3日神戸教実組親会場とし...

♯02 淡路島・隆泉寺

佛立開導日扇聖人(長松清風)が出家得度をされたお寺、淡路島・隆泉寺を訪ねます。 日扇聖人は嘉永元(1848)年4月28日、日耀...

♯01 開講聖地

安政(1857)年1月12日、佛立開導日扇聖人は、「本門佛立講」を開講されました。場所は京都・新町蛸薬師に暮らす信徒、谷川浅七の自...