第6回 青少年の一座

【ニュースより転載】第10支庁 第6回青少年の一座  九州から咲かそう笑顔の花

 
私共、第10支庁第6回青少年の一座実行委員会は、9月15日から16日の2日間に渡って、九州のど真ん中にある熊本長薫寺を舞台に、第6回青少年の一座を開催いたします。
 1日目の15日(土)の前夜祭では、地元高校生による和太鼓のオープニングセレモニーから始まり、バーベキューをしながら参加者同士の交流が出来るよう、グループワークを企画しています。そして、第3回青少年の一座から現在も継続されている、髙口法恵(小倉不輕寺所属)さんのご利益現況報告も予定されています。
 2日目の16日(日)には、第26世講有髙須日良上人より御親修を賜り、一座法要が奉修されます。
 今回の青少年の一座は、管内寺院青少年が熊本長薫寺に集い、この場所で得た様々な思い出をそれぞれが持ち帰っていただく、一座が終わった後もその思い出が交流のツールとなるよう、企画を組み立ててきました。
 サブテーマは”九州から咲かそう笑顔の花”。笑顔の花に相応しい”ひまわりの花”をもとにして、一座のイメージが造られています。
 今回の参加者にはもれなく、笑顔の花をデザインしたオリジナルTシャツやトートバッグ等、形に残る思い出も持ち帰っていただけます。
 青少年の一座で、たくさんの笑顔の花を咲かせるには、たくさんの青少年の笑顔が必要です。各々が背中を押し合いながら参加を勧めてください。
 実行委員一同、たくさんのご参加を、心よりお待ちしています。