HBSニュース

京阪神主要駅にて『長松清風展』開催案内を掲出

ありがとうございます。HBSニュースです。

本門佛立宗では、佛立開導日扇聖人御生誕200年を翌年に控え、今年10月9日から本山宥清寺では記念法要が奉修されます。

この法要は今年10月からはじまり、平成29年4月、7月、10月に奉修され、開導日扇聖人のご生涯、その偉業に思いを馳せ、全国のご信者が本山に集います。あわせて、京都佛立ミュージアムでは、10月8日から約一年間、佛立開導日扇聖人御生誕200年を記念し『幕末仏教改革者 長松清風展』を開催します。

「幕末の京都に知られざる傑僧がいた」――長松清風・佛立開導日扇聖人の生き様、アイデンティティ、人生をより多くの方にご覧いただく展示となっています。

この展示開催にあわせ、京阪神の主要な駅にある「デジタルサイネージ」電子掲示板で『長松清風展』のお知らせを掲載させていただくことになりました。

 

掲載予定の駅は、

京都では、京都駅地下鉄連絡口・京都駅地下東口

大阪は、大阪駅御堂筋口・中央口、桜橋口・橋上自由通路、天王寺駅中央口・新大阪

さらに、神戸では、三ノ宮駅中央口と西口

といった5駅、10エリア、202面に掲載される予定です。

 

掲載期間は、10月3日から9日までの一週間。お出かけの際にぜひご覧いただければと思います。

HBSニュース、広報局 松本現薫がお届けいたしました。