お寺いっていいですか?全国巡回助行紀

第24回顕証寺龍ノ口法難記念結縁行列

ありがとうございます。

顕証寺龍ノ口法難記念結縁行列の第24回目が先日9月11日10時から行われました。

お祖師様の御法難の際には、光物が現れるような天候で、毎年台風やら天候があまり良くない季節でもあるのですが、今年も晴天の内に終えることができ、ホッとしております。私は現在、顕証寺教養次長のお役をいただき、ご奉公させて頂いております。これで4回目となる訳で第20回から実行委員長として携わらせていただいております。

第5回目から毎年のように佛立青年教務会のお講師方に加行をいただき、随喜申し上げます。今回も10師の青教諸師に加えて、本庁山内弘通部長をはじめ第3支庁妙典寺奥山御導師、有縁の御住職方、御講師方、そして他寺院のご信者と寺内総勢約60名の加行で無事に開催出来ました。来年は第25回を迎え、再来年の2021年は「龍ノ口御法難七百五十年」となる訳です。

顕証寺では7年前から「Go!shin」という理念の下、御住職を中心に下種結縁、ご弘通に教講一致、異体同心にてご奉公を展開中です。また、来年2020年は、東京オリンピック種目 セーリングが江ノ島で開催されます。「Go!Shinの理念のひとつである佛立文化地域交流継続する為にも四半世紀続いている龍ノ口御題目結縁行列を更に盛り上げ、今後も青教のお講師方の加行と宗内に広く周知されることを希望いたしております。宜しくお願い申し上げます。

 

合掌

 

顕証寺教養次長(龍ノ口結縁行列実行委員長)秦 宏治