ご利益体験談

隣地土地建物無償譲渡のご利益 先住の「地域あってのお寺」の実践の賜 第7支庁 耀護寺 笠原益子

ありがとうございます。この度、耀護寺では、大きなご利益をいただきました。令和元年6月、耀護寺のすぐお隣にお住まいの前町内会長様より、ご自身の転宅に伴い2階建ての家屋、土地を無償にて譲渡いただく、という大変信じられないことでした。
 この事は、前町内会長さんご自身がお子さん人に事前に話をして、ご家族が皆ご納得いただいた上でのことで、本当に有難いことです。
 耀護寺では、平成14年に新本堂を建立して以来、境内地を山下2丁目町内会の夏祭りに使用していただいておりました。
 また、現在は平成26年に建立させていただいた信徒会館を無償で地域に開放しております。今では町内会の事務所として、例月の会議やサークル活動(月3回位)などに使用いただいております。
 震災以後、特に町内会との繋がりを大切にして参りました。
 お蔭様で、町内会より当山信徒会館へエアコンもご有志いただきました。平成27年には、町内会の総務部長より、耀護寺と隣接する土地の一部を無償譲渡いただき、軽自動車を3台駐車できるようになりました。
 翌28年には、お寺の隣地を市場価格の3分の1以下で求めさせていただくことができ、こちらの方も現在、駐車場として活用させていただいております。
 令和元年7月21日にご遷化された先住・近藤日顕上人より、いつも「地域があってのお寺だから」と口すっぱく教えていただいており、この事を僅かながらも実践させていただいた事が、この度の隣接地土地建物無償譲渡のご利益へ繋がったものと感じました。
 今後は、改修してお寺の「庫裏」として、活用させていただく予定です。
 この度の大きなご利益を教訓として、より一層地域の皆さまとのご縁作りに励ませていただきたいと思います。
 今後も教講一同、異体同心でお寺参詣ご奉公に励ませていただきます。