ご利益体験談

佛立信者は様々な「現証のご利益」を頂戴します。医者の手放した病気の平癒、仕事・学業の成就、人間関係の改善など、その数はかぞえきれません。

転重軽受

「朝は一日の無事を祈り、夜は一日の経過に感謝」で御利益感得

第4支庁 鎌倉・顕証寺 菊池誠一さん  私が現役にて山岳部に所属していた頃、会の年中行事として七月に谷川岳集中登山が行われており、今回現役最後の登山と思い参加、各コースメンバー数名づつ、編成され、出発コースは一の倉沢と南面の岩場の沢登り、天気は晴朗、絶好の登山日和だ。各自技術的に差があり目的地に着く時間が異なるので最後のメンバーが目的地に着く迄私と数名のリーダー級の者が残る。山の天気が変り、ややあやしくなってきたので集まっているメンバーを下山させる。最後のメンバーが来たので休む間もなく...

恐怖の体験で信心改良

第4支庁・鎌倉 顕証寺 石川愛子さん  去年の暮れでした。いつも通りに夕食の買物に4時頃家を出ました。頭の中は「何にしようかなぁ」なんて思いながらきっとボケーっと歩いていたんだと思います。スーパー手前の信号が青だったので(これは見間違いしていません)渡り出してはっと気がついたと同時に左方向からきた車がやけにスピードがあって止まりそうな気配がなく、パッと運転している方と目があった瞬間、相手もびっくりしたんでしょう。急ブレーキをかけ、私は私で思わず横断歩道の真ん中で体動かず固まってしまいました...

乳癌の早期発見の御利益

第9支庁・松風寺 藤川宣子さん(仮名)  ありがとうございます。平成14年1月30日、私は市の保健所の検診を受けました。そのとき初めて、マンモトームグラフィーという、乳房を挟んで調べる機械で乳癌の検査をしたのですが、そのとき、若い頃に乳腺炎をした場所が石灰化していることが分かりました。石灰化というのは、癌細胞が死滅してできることもあるそうで、早速病院で精密検査を受けるように言われました。気にはしながらも、病院へ行くのを延び延びにしておりましたら、再検査を促す通知が来ましたので、8月に入って...

「潰瘍から早期のガンを発見」—転重軽受のご利益、二百本口唱に励む—

第2支庁 一乗寺・谷口曻二さん  去る5月8日、仕事を済ませて午後5時過ぎに帰宅しましたが、身体がしんどくて食事をする気にもなれず、茶の間の床に寝ころがっていました。何も食べないわけにもいかないと妻がりんごをむいてくれ少し食べましたところ、すごい吐き気をもよおし、洗面所へ飛び込みましたら、チョコレート色の液体を多量に吐きました。いつもは医者ぎらいの私も、これはおかしいと思いましたが、この日は木曜日で近所の医院が午後休診でしたので、何とか一晩を過ごし(それでも寝酒を飲んでいましたが)、翌朝、...

大難を小難に変えていただいた

第4支庁 鎌倉・顕証寺 福井百合子さん  あの東北大震災の夏の事で、日本中が節電を余儀なくされ、我が家もエアコンの使用を控えたり、グリーンカーテンを作ってみたりいたしました。  七月二十四日、何時ものように五時に起床、お初のお水をお取りし、お看経をお上げして、朝食の準備に階下に降りていきますと、閉じてるはずのリビングの窓と雨戸が少しだけ開いている。何故かしらと部屋を見渡すと、食器棚の引き出し全てが、少しずつ開いて、処どころに靴跡もあるのです。慌てて主人を起しに行き、見てもらい、泥棒...

東日本大震災に遭遇して

第4支庁・鎌倉 顕証寺 後藤ゆみ子さん  東日本大震災から早一年十ヶ月が過ぎ、ようやく私もちゃんとした生活が送れる様になりました。     今も思い出したくない津波は、私達の生活を全部壊し、母親をも奪いとっていきました。真黒い水が音もなく私の膝まで浸り、必死に逃げる事で精一杯でした。その時は「これからどうなんだべー?。兄弟達は助かってぺが?。母も看護士さん達に助けてもらってっぺか?。子供達は大丈夫だべが?」頭の中はそればっかりでした。携帯もつながらないし、道路も津波で通れなく電柱に何台も...