ご利益体験談

佛立信者は様々な「現証のご利益」を頂戴します。医者の手放した病気の平癒、仕事・学業の成就、人間関係の改善など、その数はかぞえきれません。

増益寿命

特一級を拝受して より一層の初心の信心前で 第3支庁 名古屋・佛立寺 久米宰子

ありがとうございます。 第3支庁・名古屋・佛立寺所属の久米宰子でございます。 この度、4月22日の本山門祖会第三座式典に於いて、佛立第26世講有・髙須日良上人より、信徒受級褒賞の記・栄誉ある宗門特一級の功労賞を賜り、身の引き締まる思いと共に、生涯この上もなき光栄と深く感謝申し上げます。 この間に賜りました御宝前の御加護はもとより、これひとえに御導師・面家日瑩上人のお慈悲、そして佛立寺教講皆様のご教導とご支援の賜物と感謝いたしております。 入信以来、今日まで無事息災にこられたことこそ、真のご利益...

「母からいただいたご信心」—3年間の増益寿命のお計らいいただく

第2支庁 大阪・良風寺 奥山恵子さん  ありがとうございます。私がこのご信心にお出値いさせていただいたのは、母の病気がきっかけでした。母と同勤だった本田宣子先生が、母が白血病だということを聞いて、「お寺にお参りしてみませんか?」とお勧めいただいたのです。しかし母は「私は浄土真宗なのでお参りは結構です」とお返事したようで「本田先生が『では、恵子ちゃんをお参りに誘っていいですか?』と尋ねてこられたよ」と申しました。母は私に「自分のお願いでお参りしたいのなら、行きなさい。でも、私のご祈願でお参...

父の増益寿命ご利益——お陰で家族一同が信心を改良・増進

第8支庁 信照寺 川内 厚子 ありがとうございます。 昨年の12月18日、父・竹内良雄が増益寿命のお計らいをいただき、寂光へ旅立ちました。この父の死によって、家族一同が信心を改良増進させていただいたことを、お話しさせていただきます。  昨年11月22日、父は朝早く心臓が止まって、市立函館病院に運ばれました。「心不全」と診断され、もう呼吸ができない状態で、肺に水が通常の場合100のところ600も溜まっていて肺気腫もあり、父はまさに溺れている状態でした。その上、先天性で元々小さな腎臓が一つしかなく、その...