ご利益体験談

佛立信者は様々な「現証のご利益」を頂戴します。医者の手放した病気の平癒、仕事・学業の成就、人間関係の改善など、その数はかぞえきれません。

悪性リンパ腫克服のお計らい 第2支庁 浄風寺 有本俊子

私は、平成最後の2月に原因不明の熱が出るようになりました。かかりつけ医も血液検査等、いろいろ調べてくださいましたが、わかりませんでした。先生の紹介で済生会野江病院に行く事になりました。 3月5日に診察に行きましたが、この日は主人が腹部大動脈瘤の手術の為に入院する日でした。私が1人で家にいる事ができないのもあって、そのまま緊急入院する事になりました。 3月8日、主人の手術は西村清信御住職はじめ、御講師方、皆様よりたくさんのお助行をいただき、難しい手術も無事に終わりました。ありがとうございまし...

2年連続で教化10戸を成就 朝夕の口唱と下種結縁に気張り 2年度も2つの大きなご利益いただく 第2支庁 信光寺 坂川 昇

ありがとうございます。私は信光寺所属の坂川昇と申します。令和元年、2年と2年連続の教化10戸成就の体験談とお教化に向かう自分の姿勢をお話しさせていただきます。 1年目(平成30年度)の10戸成就の時は、毎年三大会に連れ参詣をさせていただいた友人・知人・同業者の方々に信心の大切さ、そして信心をすることによって大きなご利益をいただける事を自分の体験談をお話ししながら入信を勧め、無事にお教化10戸を成就させていただくことができました。 令和元年度の本山門祖会の宗門表彰で、御講有上人より直接、随喜状・記念...

全く知らない2人の方をお教化 過去世からのご縁と信じて共に励みます 第2支庁 淨行寺 西原 光

ありがとうございます。今日はお教化の体験談をご披露させていただきます。 私は今から約40年前に、この本山宥清寺の本堂にて畑中敏男さんに声をかけていただき、本門佛立宗に入信いたしました。その1年後、高槻・淨行寺の所属となり、それ以来、朝参詣と御法門聴聞は毎日欠かさないようにさせていただいています。 入信してから本日まで沢山のご利益をいただきましたが、今年に入りまして全く知らないお2人の方をお教化させていただくことができました。 1人目の方は、3月にスーパーでアルバイトをしていた上野彩花さんです...

10年連続で教化10戸を成就 無我夢中お計らいの10年間 宗門グッズで店を飾り今後も精進します 第9支庁 大法寺 廣田弘子

この度は10年連続教化10戸成就の表彰ありがとうございます。 今年は日本のみならず、世界を席巻した新型コロナウイルスの影響で、店の経営ができなくなるかと思われるぐらいでしたが、常連様がテイクアウトで支えてくださいました。その上に大層なお励ましをいただきまして、緊急事態宣言明け間もない5月には平常に戻ることができました。 他店の方は大変な思いをされている中、支えてくださったお客様に感謝していますし、これもまた御法様のお陰と喜ばせていただきました。 この10年間は、家族で勤めていた会社を辞めて「蓮花...

息子の結婚相手の教化について 最初が肝心と折伏続け気持ちほぐれる 5支庁 乗泉寺 横山文樹

本日は私の息子の結婚相手のお教化と折伏のことで、お話させていただきます。 昨年、息子が結婚することとなり、相手の女性を紹介してくれました。結婚するという喜びと同時に、私達夫婦が一番心配したことは、相手の女性が全くご信心に縁のない方なので、これから先、ご信心を一緒にさせていただくことができるかということでした。 息子は相手の女性にはご信心のことは話していたようですが、やはり実際に、私たちが話をしてみると、ご信心のこと、お寺のことを理解してもらうことは、そう簡単なことではないという難しさを感じ...

当山の最近成就の法灯相続教化 6支庁 妙玉寺 新井日友

ありがとうございます。 今年は思いもかけずに年の始めから新型コロナウイルス災禍に見まわれて、各寺院共ご弘通の成果が上がっていないのは不本意な事です。中には「コロナのせいで信心どころではない」「教化なんかできない」と、愚痴が出る始末です。しかし、それで良いわけがありません。 そこで今回、私共妙玉寺で最近たて続けに3戸の個人教化(いずれも相続教化)ができましたので、ご弘通の一助になればとご披露させていただきます。 特筆すべきは、その若さです。最年少は何と16歳の女子高校生で「寺山夏七(かな)恵(え)...

2つの大きなご利益をいただく お助行のお陰で白血病克服し息子も就職 第9支庁 妙清寺 古川孝行

この度、私は2つのご利益をいただきました。 2018年の10月から12月にかけ風邪の症状のような発熱、体のだるさ、やる気のなさが続き12月28日の朝、雪が積もり、仕事に行く気がなく、近所の整形外科で薬をもらおうと病院に行き、採血して診察すると先生が「もう一度、検査を」と言われました。 結果が出るまで家に帰り、30分後に病院に戻ったら玄関で先生が「古川さん歩けますか」と尋ねられて「はい、歩けます」と言ったら「これからすぐに中央病院に行くように」と言われたので、もしかして入院かなと感じました。 中央病院では...

お計らい頂戴し法灯相続成就 第11支庁扇陽寺 杉山明江

ありがとうございます。扇陽寺の杉山明江と申します。 我が家の法灯相続についてお話しさせていただきます。私には2人の娘と2人の息子がいます。 お嫁に行く娘たちの場合も、法灯相続を願い続けていましたので、結婚が決まると同時に、お相手の方、そしてご両親に結婚後も本門佛立宗のご信心を続けさせていただきたいと、お願いしましたところ、御宝前のお力添えをいただき、この申し出を受け入れていただく事ができました。 そして結婚を機に、お相手の方のお教化、御戒壇建立など、御宝前のお計らいのもと、無事成就させてい...

恨む心を変えたもの 毎日の朝参詣で体も元気にお教化も成就 第2支庁日風寺 竹渕正夫

私が入信したきっかけは、再婚した妻・美代のご回向のためでした。夫婦仲は良かったのですが、義父が亡くなると私は妻の親族から「実家の財産を狙っているのではないか」と非難されるようになり、離婚を余儀なくされました。  別れた後も妻とは行き来はしていましたが、ある日突然連絡が取れなくなったので親族に連絡をしたところ、体が弱かった妻が病気で急死をしたというのです。令和元年7月初旬のことです。   あろうことか、まともな葬儀も戒名もないままでした。後日、親族から凍結された美代の遺産分配のため私の戸籍謄...

お教化と育成ご奉公の体験談 第1支庁誕生寺 松岡幸枝

本日は、お教化と育成ご奉公の体験談をご披露いたします。 平成22年9月のことです。当時の組長さんから電話があり「石田トシ子さんが亡くなられました」と連絡を受けました。そして石田さんのお宅にて、長男の石田正利さんに初めてお会いしました。 石田さんは、幼少期に親に連れられお寺参詣されておりましたが、大人になってからは、お母さんとは別居していた関係か、1度もお顔を見ることもなく、ご信心からは遠のいていました。 お母さんの葬儀が終わりましてからは、主人と私で石田さん宅へ伺い、お助行をさせていただき、...