ご利益体験談

佛立信者は様々な「現証のご利益」を頂戴します。医者の手放した病気の平癒、仕事・学業の成就、人間関係の改善など、その数はかぞえきれません。

青年教務会の激励助行をいただき  口唱と信行ご奉公でより強い結び付きが  信照寺 築田敬子

昨年10月28日から30日まで道南布教区管内寺院が佛立青年教務会の激励助行をいただきました。函館・信照寺では朝のお看経と御法門を2日間拝聴させていただきました。本堂の空気は力強さで溢れていました。 29日は函館市内を2班に分かれ、お助行をいただきました。東山教区は3軒いただきました。新組長としてご奉公されている玉村さんは「去年も青教のお助行をいただき、本当に嬉しいご奉公だった」と振り返り、今年も実施されるのを知ると、担当の夏井窓宇師に「是非お願いしたい」と申し出ておりました。 せっかくのお助行です...

教えられた通りの信行でご利益  主人も間際までご奉公し苦しまず寂光へ 信受寺 小栁悦子

ありがとうございます。 私がこのご信心にお出会いしたのは、小栁家に嫁いでからです。姑の亡き後、教区の方に寒供養のご奉公に誘われたのをキッカケに少しづつ教区のご奉公や御講席をいただくようになりました。仕事をしていたのもありますが、ご信心のことは何も分からずゼロからのスタートでした。 5年前、突然右膝に激痛が走り徐々に歩行も出来ない状態となり、病院での診察結果は、半月板損傷との診断を受けました。手術が必要で、その1年後に人口関節を入れる再手術が必要と言われました。 同じ時期、主人が癌の末期で入...

59歳で初めて入院し手術受ける  死に至る人もいると聞かされビックリ! 清流寺 鷹取弘二

ありがとうございます。 私は、東京八王子清流寺所属・鷹取弘二と申します。担当お教務の浅沼序説師より、体験談をとご指示をいただき書かせていただきました。 私は59歳、妻が三代目の法灯相続をさせていただいて、私も教区長のご奉公をさせていただいております。1男2女に恵まれ、長女、次女は嫁ぎ4人の孫に囲まれ、5月には次女が初の女児出産の予定で、それを愉しみにしている今日この頃でした。 ところが、今年の2月8日、歯茎に違和感を覚え市内の歯科へ行くと、3日分の抗生物質と痛み止め3回分を処方され、次回、1...

お護りをいただいた娘の成長 振り返ってみるとお計らいの連続だった 照妙寺 笹田朋子

2月9日 弘通促進大会発表分  大事な娘を社会の荒波に送り出さなければなりません。それには悩んだり、苦しんだこともありましたが、娘の成長と共に私も前へ進んで行く為にご信心に支えられた生活を心がけてきました。  そして、娘は思った以上に良くやってくれています。御講願主にもなってくれ、お席もお受けし、一緒に連合の御講にもお参詣し、私の分まで頑張ってくれています。  今こうして弘通促進大会でご奉公させていただけることが何より有難く、喜びの気持ちでいっぱいです。これからも宜しくお願いします。   ...

ご信心の大事を母から教わる 五代目に受け継いでいけるよう励みます 照妙寺 笹田愛美

ありがとうございます。照妙寺青年会の笹田愛美です。  本日は法灯相続四代目のご利益談をお話しさせていただきます。  母子家庭で育った私は小さい頃からおじいちゃん子でした。物心つかない頃から朝参詣をする祖父に必死に泣きながらくっついてお寺参詣をしていました。お寺に行くと、お導師をはじめご信者の皆さまに笑顔で「まなちゃん」と声をかけていただけることがすごく嬉しかったことを覚えています。  今考えてみるとお寺の帰りにコンビニで好きなお菓子を買ってもらえるのが嬉しかったのかもしれません。なので、お...

本当にご利益ってスゴイ! さぼったらダメだ お寺参りに頑張ります 第6支庁・妙玉寺 寺山春希

ありがとうございます。僕は大宮妙玉寺の寺山春希と言います。今、中学1年生です。僕は4代目の信者ということで、今までご利益をいっぱいいただいて来ましたが、今日はその中でも一番大きなご利益談をお話しさせていただきます。  それは1年半くらい前のことです。僕は友達と弟の柊司と一緒に公園でかくれんぼをして遊んでいました。僕はどうしたらみんなに見つけられないか色々と考えて「そうだ! 木に登ればわからないだろう」と思い、高さ5メートルくらいの木に登りました。 登りながら細い枝やグラグラしている枝もあっ...

祖父からの相続のご縁を有難く 親子でお寺へ共連れ参詣することが大事 第6支庁・妙玉寺 寺山由貴子

ありがとうございます。私は大宮・妙玉寺の寺山由貴子と申します。本日は、法灯相続についての「弘通促進大会」ということでお話をいただきましたので、僭越ながら少しお話をさせていただきます。  私の家は母方の祖父が初代信者として小倉・不輕寺で入信、母が2代目として法灯相続し、母は父との結婚が縁で大宮・妙玉寺に移転、ご信心をさせていただくことになりました。ちなみに父は祖父に教化された形でご信心を始めました。私は就職の際に母を教化親として3代目となりました。  私のご信心はといえば、小さい頃、毎朝5時3...

大難を小難にの御利益いただく 隣家から出火するも類焼を免れる 第八支庁・信照寺 北口千恵

昨年、隣の家の火災で危うく類焼するのではないかと思われたことがあり、大難を小難にというご利益談をお話しさせていただきます。  昨年、令和元年9月7日早朝3時頃、寝室の2階で熟睡していたところ、「ガヤ、ガヤ」と騒々しい叫び声や物音で、ぼんやりと目が覚めました。  ふと、窓を見ると真っ赤に輝いていました。恐る恐る窓越しから外を見ると古物商である隣家が燃えているではありませんか。バーンという破裂音やバリバリという家が燃える音が響いて、一瞬恐怖の底へ突き落とされた思いで「大変だ」と、とっさにパジャ...

布教区の本山奉仕会に参加して ご信心を学び共に励む仲間を見つける。

ありがとうございます。 東京中央布教区・蒲田妙泉寺所属の信徒です。 このたび、中央布教区主催で開催されました本山奉仕会に参加した感想文を発表させていただく機会をいただきました。どうぞよろしくお願い致します。 私は生まれて今までご信心をさせていただいてきましたが、本山奉仕などの泊りがけで行う体験型のご奉公に参加をさせていただいたことはありませんでした。今回この話をいただき、学生最後となる年に大きなご奉公を経験させていただき、今後のご信心に役立てることができればと思い、参加をさせていただきまし...

お教化はまず家族から! 皆の唱題で寂光参拝し来世もご奉公が夢

ありがとうございます。 私は東京房総布教区・長福寺の芳賀一郎と申します。本日は、私とご信心の話をさせていただきます。 私は佛立三代目の信者になります。子どもの頃は乗泉寺の所属で母親に連れられ、御講や御会式にお参詣し、中学生になり青年会に入り、御会式の下足のご奉公や泊まりがけでご供養作りのご奉公をさせていただいていたことを、なつかしく思い出します。 18歳の時に、鎌ケ谷のど田舎に引っ越してきました。その頃の鎌ケ谷は、電車が単線、雨が降ると駅まで長靴で行き、そこで履き替えるという今までとは違う生...