本門佛立宗について

本門佛立宗は釈尊(仏、ブッダ)に始まり、日蓮聖人を宗祖と仰ぐ宗門です。
そして日蓮聖人が定められた南無妙法蓮華経の御題目の御本尊に帰依し、一心に御題目をお唱える修行(口唱行)を根本としています。
 
当宗が拠り所とする根本経典は釈尊が最後に説かれ、みずから「これこそ第一の教えである」と宣言された法華経(妙法蓮華経)です。だからこそ、仏(釈尊)ご自身がうち立てられた宗旨、「佛立宗」といいます。この名前は伝教大師や日蓮聖人が使われていた宗名でもあります。
 
本門佛立宗の「本門」とは、法華経28品(章)の教えのうち、前半を「迹門」、後半を「本門」という、その「本門」です。迹門の迹とは「あと」、「影」という意味です。本門の本とは「根本」、「本体」という意味です。本門は根本の仏である本仏がお説きになった教え、迹門は、本仏を天の月とすれば、池に映った月の影のような仏である迹仏が説かれた教えという違いがあります。
 
日蓮聖人は後半の本門でも第15~22章までの本門八品(8章)を独自の経典とされ、釈尊のあらゆる教えの中心とされました。それは、ここに、釈尊が亡くなられた後、2000年以降(末法)の人を救う御題目と、これを弘める使命を担った上行菩薩(日蓮聖人の前身)のことが説かれているからです。このように本門八品の御題目を中心とするので本門佛立宗というのです。
 
本山は京都市上京区北野の宥清寺です。宥清寺は京都における日蓮門下最古の由緒ある寺院です。全国に約300ヶ寺の末寺や別院があって、種々の行事や儀式、その他、多くの人々の相談に応じ、さまざまな宗教活動や社会福祉活動を行なっています。
また、アメリカ、ブラジル、オーストラリア、韓国、台湾にも寺院があり、イタリア、イギリス、スリランカなどにも信者が増え、その他の地域にも広がっています。