お寺での信行

除夜法要

本山宥清寺では大晦日の午後11時より除夜法要が営まれる
 年末大晦日の夜、その一年間の無事経過と御奉公成就を御宝前に御礼申し上げる法要を「除夜法要」といいます。世間では、除夜の鐘を煩悩の数と同じ108回ならす様子が有名です。
 
 佛立宗では鐘をつくことはせず、一座の法要を営んで御題目の口唱を御宝前に捧げます。一年間のご奉公の区切りとして、その口唱の声には、ご信者のその一年間のご奉公の報告と、御礼の気持ちが込められているのです。