お寺での信行

寒修行

 御供養のうどんを振る舞うご奉公者たち
 日蓮聖人は、法華経の教えを末法という時代にお弘めになるにあたり、その法華経に記された予言通り様々な迫害に遭われました。その中でも最大の御法難は極寒の地、佐渡への流罪でした。生きては帰れぬとの想いから、寒風吹き込むあばら家のなかで日蓮聖人は『観心本尊抄』『開目抄』『如説修行抄』をはじめ、とても重要なお書きものをご執筆され、後世に正しい仏法をお残しになられる準備をされます。それらのご苦労のおかけで、私たち佛立信者は正しい御題目のご信心をこんにち受け継がせていただいているのです。
 
 そのご苦労をお偲びし、毎年1月6日から2月5日までの1ヵ月間、年で一番寒いこの時期にご信者はみな朝参詣に励みます。これを「寒修行(かんしゅぎょう)」または「寒参詣」といいます。一年の最初の、寒さの厳しい時期に朝参詣に励むことによって、己の信心を磨き、その功徳によってその一年の諸々の祈願を成就していただくのです。
 
 この寒修行中、全国寺院では共通の御法門が説かれ、皆で同じテーマにそって信心を学び、互いに励まし合って、信者として自らを成長させる期間でもあるのです。
 
 寒修行中、多くのお寺ではご信者が当番制で参詣者に対し朝ご飯の御供養を振る舞います。これも佐渡の流罪中、日蓮聖人に対し現地のご信者がいつも御供養をされていたことに由来します。