つづれおり新聞web版〜お寺いっていいですか?全国巡回助行紀〜

お祖師さま・高祖日蓮大士は、承久四年( 一二二二年) 二月十六日、房州小湊( 現在の千葉県鴨川市) にご降誕されました。宗門では、2023にお迎えする高祖日蓮大士ご降誕八百年の慶讃ご奉公として、「教化法灯相続つづれ織り運動」を展開しております。   そこで本門佛立宗宗務本庁・弘通局は、2019年より、お祖師さまにさらにお悦びいただけるご奉公を目指して「八〇〇(はちまるまる)の三本の矢」を放たせていただきます。 第一「教化誓願達成に全力投球」 第二「教務員および学徒を育てる」 第三「薫化会活動の充実」   この誓願を成就させていただくために、「全国巡回助行」を実施させていただきます。   「全国巡回助行」を通して、弘通局が各寺院の教講との交流を図り、慶讃ご奉公の趣旨説明、激励はもちろんですが、何より全国のご信者方との対話を通して、現場の生の声、切実なる思いを共有し、各寺院の活性化を目指したいと考えています。 ここでは「つづれ織り新聞」に掲載されている「全国巡回助行の報告」で載せきれなかったものもも含めて掲載していきます!